【Barbour】メンズにおすすめのバブアーのマフラーを紹介!サイズ感やコーデなど!

雑貨 小物

【Barbour】メンズにおすすめのバブアーのマフラー。サイズ感やコーデなど紹介!

 

・メンズにおすすめのカッコいいマフラーが欲しい!
・バブアーのマフラーのレビューが知りたい!
・サイズ感やコーデが知りたい!

このような方におすすめの記事です。

冬になると首元が冷えてきてすごく寒いですよね。そんな時に活躍してくれるのがマフラーです。でもメンズ向けのマフラーってなかなか選ぶのが難しいのではないでしょうか。

そんなあなたにおすすめなのが英国の老舗ブランド「Barbour:バブアー」のマフラです。バブアーはオイルドジャケットで有名な英国で100年以上愛されているライフウェアブランド。大人向けのカッコいいマフラーを探されている方には非常におすすめのアイテムです。

 

英国のライフウェアブランド「Barbour(バブアー)」とは

Barbour(バブアー)は1894年にジョン・バブアー氏によりイングランド北東部のサウスシールズで創業されたブランドです。北海の荒波や冷たい海などの過酷な環境で働く水夫や漁師、港湾労働者に向けてワックスで生地をコーティングし、防水や防風機能を実現させた「ワックスドコットン」を提供したことがブランドの始まり。ワックスドジャケットは耐久性が高く、創業当時から現在に至るまで、バブアーの名品として知られています。

本国イギリスでは知らない人のいない国民的なブランドです。

英国王室も認めた最高品質のマフラー

バブアーは英国のカントリーウェアとして長く愛用され続け、1974年にエジンバラ公、1982年にエリザベス女王、1987年にはチャールズ皇太子より、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の栄誉を授かってます。バブアーは、3つあるロイヤル・ワラントのすべてを保持している世界的に見ても非常に珍しいブランドです。

英国王室も御用達のマフラーは、おしゃれなメンズにピッタリのマフラーと言えるでしょう。


タータンチェック

タータンチェックはスコットランドが起源で、その伝統はイギリス王室でも長らく受け継がれました。日本で言うところの家紋に近い存在であるタータンチェック。バブアーのタータンチェックも古くから受け継がれてきた伝統的な柄です。

素材

素材はアクリルやウール、カシミヤなど様々な選択肢があります。おすすめはアクリル素材に比べて値段は上がりますが、ウールやカシミヤ素材などの肌触りの良い素材です。値段と素材を比較しながら購入するのが良さそうです。

サイズ感

サイズは幅約30cm、長さ約200cmほどで少し長めのサイズ感。一般的なマフラーよりは少し細身でスタイリッシュな印象を与えてくれるマフラーです。

しかし幅が細い分、若干風を通してしまうことがありますが丸めると写真のようなサイズ感になるため持ち運びは非常に楽です!

約30cm
長さ 約200cm

価格

価格帯は6,000円から13,000円ほど。使われている素材によって値段が変わっています。僕はアクリル素材の比較的リーズナブルなものを購入しましたが、肌触りを気にする方は、ウールやカシミヤなどを購入すると良いでしょう。

丁度いい価格帯に設定されているため、プレゼントにもピッタリです!

バブアーのマフラーを使ったコーデ

バブアー特有のタータンチェックによりシンプルなコーデにアクセントを加えることができます。豊富なカラーバリエーションから好みのデザインを選ぶことが出来るため非常におすすめの1着です。
印象の強いマフラーであるために、逆にカラフルなスタイルがお好きな方には少し合わないのかなと思います。

写真のように定番のバブアーコートと合わせるスタイルはもちろん、日常的な様々なシーンで活躍してくれます!

使ってみた感想

バブアーのマフラーを使ってみた感想として、かなり使いやすいマフラーだと感じました。サイズ感も丁度良く、寒い日についつい持って行きたくなる大きさです。また、シンプルなコーデにアクセントを与えてくれるため非常にコーデしやすいです。

良い点

・伝統的なタータンチェックはコーデしやすく上品な印象
・カバンに入れてもあまりかさばらず、丁度よいサイズ感

悪い点

・厚みがないため少し風を通しやすいかも
・アクリルのものは人によってはチクチクする場合がある

バブアーのマフラーを手に入れて冬を乗り切りましょう!

以上


コメント

タイトルとURLをコピーしました